QLOOKアクセス解析

キャッシング

TOP

よく知らないと怖いキャッシングですが、使い方、リスクを知っていればこんなに心強いものはありません。

金融危機による派遣切りや正社員のリストラ、新卒者の内定切りなどお金に困っておられる方もたくさんいらっしゃると思います。

そういう方々は借りる前に当サイトで勉強してからでも遅くはありません。

キャッシングはメリットもリスクも知った上で利用した方が安心です。

Sponsored Link

TOP限定記事タイトル

「非正規」失職、19万人に達する見通し  「雇い止め」や「派遣切り」による非正規労働者の失職が昨年10月から今年6月にかけて19万2061人に達する見通しであることが31日、厚生労働省の調査で分かった。前回2月の調査よりも3万4255人増えた。今回は調査対象期間を3カ月拡大したが、今年3月末時点でも約2万6541人増加した。ただ、4月以降の失職見込み人数は大幅に減少しており、企業の雇用調整は一段落しつつあるが、雇用情勢は依然として予断を許さない状況だ。  3月19日時点に厚労省が非正規労働者の契約解除や解雇などを把握した事業所数は2968事業所で、前回調査よりも652事業所増加した。  月別の失職者数をみると、3月は前回調査よりも1万7222人多い3万6844人。「年越し派遣村」が社会問題化した12月の4万8111人に次いで多く、企業が年度末に向けて企業が雇用調整を急いでいる実態が浮き彫りになった。一方で、4月以降の雇い止めや解雇は急減。4月は4290人となったほか、5、6月は1000人を割り込んだ。厚労省は「雇用調整助成金などの政府の安定化策が効果を上げてきた」と分析。政府の支援などを受けて、かろうじて雇用を維持している状況だ。  就業形態別の失職者数をみると、派遣が12万5339人と全体の約65%を占めた。次いで期間工などの契約が3万9195人、請負が1万5556人となっている。  一方、派遣会社に対し、中途解除された派遣労働者の雇用状況を聞いた調査では、3万535人のうち、派遣先関連会社に移ったり、新たな派遣先の紹介を受けたりして、雇用が継続できたのは3210人と全体の10・5%にとどまった。非正規労働者の雇用調整を実施した事業所の57%は「当面、労働力の補充はしない」としているほか、32%は「現行の従業員で対応する」という方針で、非正規労働者の雇用環境は依然として厳しいままだ。  企業から採用を取り消された今春卒業予定の大学生、高校生の人数が1845人になった。前回2月の調査に比べて271人増えた。内定取り消しを実施した企業は404事業所に上った。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/237405/

正社員失職1カ月で倍増 6000人超、厚労省調査  急激な雇用情勢の悪化により昨年10月から今年3月までに失職したか、失職する見通しの正社員が6000人を超えることが4日、厚生労働省の調査で分かった。昨年12月調査の3295人から1カ月でほぼ倍増となる。民主党の会合で明らかにした。  すでに製造業を中心とした「派遣切り」などで非正規労働者約12万4000人が失職したか失職見通しであることが判明するなど、景気悪化のしわ寄せは非正規労働者が先行してきたが、正社員の雇用にも波及してきたことが裏付けられた格好だ。  厚労省は、現在データの最終的な集計をしており、6日に詳細を公表する予定。調査は100人以上のリストラがあった企業が対象のため、調査結果は失職の実態の一部しか反映していない可能性があるとしている。  自動車や電機など大手の輸出企業を中心に企業業績の下方修正が相次いでおり、雇用情勢は今後も厳しい見通しだ。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/financial/219139

世界的な金融危機による派遣切り、正社員のリストラ、新卒者の内定切りなど経済不安が広がっています。

働きたくても仕事がない、などお金に困ることが多い現代です。

そんな方々に実際お金を借りる前に是非見てほしい!


Templete Produced By 『超時空戦略タイムシフトアフィリエイト』



Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。